日本人がイタリアンファッションを着こなすには!?ポイントは「姿勢」にあり!

イタリアンファッションを思い浮かべた時、なんとなく日本人が着ると野暮ったく感じる人もいるのではないでしょうか?本当はそんなことはないのですが、そんなふうに感じる人は少なくないと思います。

皆さんにイタリアンファッションを提供するわたしたちとしても、変な先入観ができてしまうのは残念だな、と思っていますが、実はそれには理由があったりもします。

その理由こそが『姿勢』

というわけで今回は、そんなイタリアンファッションを着こなすための姿勢についてお伝えしましょう。

西洋人と日本人の骨格の違い、とファッション。

ファッション姿勢

まずは、ここから。そもそも日本人と西洋人では骨格が微妙に違います。

 ・背の高さや顔の小ささは問題じゃない。

これはよく勘違いする人が多いのですが、背の高さや顔の小ささは問題ではありません。確かに日本人と西洋人の骨格の違いを見ると、背の高さ(足や手の長さ)や顔の大きさは違います。

でも、それで似合わないといい出したら『日本人は服が似合わない』ってなってしまいます。もちろん、そんなことはないですよ。

それに、イタリアにだって顔の大きい人や背の低い人、手足の短い人はいます。なので、そういう人に『しか』合わない服なんて向こうでも作ってないんです。

・ファッションの観点ではこの違いが大きいパーツ『肩』

では、日本人と西洋人。ファッションの観点でここの違いが大きいぞというところはどこなのかと言えば、それは「肩」。じつは、このパーツが大きな違いを生んでいるんですね。

・日本人は肩の位置が前についている。

日本人は農耕民族で西洋人は狩猟民族。じつはこの違いが、今の日本人と西洋人の違いにつながっているんですね。つまり『日本人は前かがみになりやすい骨格になっている』ということ。

農業って、前かがみの姿勢になることが多いですからね。そのせいで、日本人は基本的に西洋人より肩の位置が前についていて、猫背になりやすい民族です。ファッションの点で見ると、この違いが一番おっきいんですね。 

胸を張って、イタリアンファッションを楽しもう。

イタリアンファッション/着こなし

日本人とイタリア人では、骨格がちがう。では、その解決方法は?と言うと、それは胸を張ることなんですね。

・胸を張ると肩の位置は後ろに行く。

鏡の前でリラックスして、肩を楽にしてから胸を張ってみてください。そう、わかりますよね、そうすれば自然と肩の位置は後ろに下がります。これでOKです。

え?それだけ?と思われてしまいそうですが、実際それだけでしかありません。モデルさん相手にフィッティングをするときなども、まずはぐっと胸を張ってもらうことから始めるくらいです。それだけで、服の見栄えはぐっと良くなります。

・自然と背筋も伸びちゃう。

実際、今やってみた人はきっと分かると思いますが。これやると、背筋も自然に伸びませんか?そう、身体の構造上、胸を開いてぐっと前に張ってやると背筋は勝手に伸びますよね。

試しに、背中を丸めたまま胸を張ろうとしてください。きっと、相当難しいはず。こうやって、胸を張って背筋もピンとなれば、さらに服の見栄えはアップするんです。 

・ポイントは肩をいからせない。

肩をいからせる。つまり胸を張ったときに肩の位置が高いところにあると、ボディビルダーみたいな体勢になります。オードリーの春日さんみたいな感じですね(笑)

もちろん、姿勢としては悪くないですが、洋服を売る立場としてはあまりおすすめできないかな。なので、胸を張ったときは意識的に肩を下げるようにしましょう。

ちょっと最初は窮屈ですが、なれると自然にできるようになります。結果として、首長に見える効果もありますから、ここは押さえておきたいポイントです。

プロポーションは姿勢で作れる

イタリアンファッション 着こなし

基本は胸を張ること。そしてあとは、自分でよく見える姿勢を調整するといいですね。

・鏡を見るってとっても大事

おしゃれをする時、必ず鏡を見る習慣。服を着るたびに鏡の前でポーズなんて恥ずかしい、と思っている人もいるかも知れませんが、これはとっても大事。誰も見てませんから、しっかりとチェックすることをおすすめします。

で、何を見るのかと言うと、洋服と姿勢のバランス。服を着て、胸を張ってすっと背筋を伸ばして自分を見る。この一手間だけで、姿勢はしっかりと固まってきます。 

・どう見えるのか、それをしっかりチェックする。

骨格の違いを伝えましたが、そこまで意識して鏡を見ていないのではないでしょうか?お出かけ前に、洋服をきちんと着こなせているのか?自分の姿をしっかり見てチェック、ここを意識的にやってみてください。

私たちは、できるだけ日本人にもフィットしやすい服を選んでいますが、最後に自分にフィットさせるのはお客様です。

洋服を着て、そして、鏡でしっかりと見ながら最高のポジショニングを決める。このひと手間で、きっと変わります。  

きれいな姿勢なら、どんな服でも似合う

イタリアンファッション/IMPERIAL(インペリアル)

胸を開くこと、これは、簡単に言えばいい姿勢を作る基本です。そう、いい姿勢をしっかりと作れれば、洋服は自然とあなたにフィットします。日本人は、骨格の関係で猫背になりやすいので、それで、イタリアンファッションが似合わないと思っちゃう。でも、姿勢をしっかりとピンと保てば、それはスッキリ解消。

専門じゃないからわからないですけど、きっとソッチのほうが健康にもいいはず。胸を張って、楽しんでイタリアンファッションを着こなして頂ければ嬉しい限りです!

 

イタリアンファッションを知る。本当のイタリアンファッションはコーデが原点

イタリアンファッシション知る。本当のイタリアンファッションはコーデが原点