イタリアンレストランでの服装。イタリアでは自由に!日本ではちょっと気を使おう。

魅力あふれるファッションと何といっても美食の国イタリア!

イタリアンレストランも、フレンチと同じように服装に気をつけなきゃいけないのかな?そんなふうに思っている人、多いですよね。

実際、それは半分正解で、半分間違いといったところです。そう、ずばり、イタリアではフレンチよりもカジュアルだけど日本では違う、という意味で。

というわけでここでは、イタリアンレストランにふさわしい服装についてかんがえていきましょう。

イタリアンファッションを語る前に!美食のルールは?

イタリアンファッション食事のルール

ヨーロッパでは、フランスとトップを争う美食の国、イタリア。そんなイタリアのレストランでのファッション事情は、日本人が考えるよりラフでカジュアルです。少なくとも、フランスよりはかなり自由なんですよ。

・リストランテからメンザまで、イタリアのレストラン

イタリアでは高級レストランのことをリストランテと言います。そこから、値段の安い順にトラットリア、オステリア、と続いていき一般的な食堂をメンザと言うんですね。

と言っても、これは別に味の違いではありません。あくまでお値段の違いで、しっかりしたコースなどが存在するかどうかの違いになってきます。でも、実際は、お値段がすごく安いリストランテとかもあるんですけどね。

・超一流店やセレブ御用達以外は、みんなカジュアル

イタリアでリストランテに入った時、実はほとんどドレスコードを注意されたことはありません。と言うか、ドレスコードのあるお店って、ほんとにすくないんです。

それなりにお値段のするリストランテでも、デニムなどのラフなスタイルの人を普通に見かけます。

イタリアの知人に聞いたところ、昔はもうちょっと厳格にお店の格で服装が別れていたということらしいですね。ただ、今は、そんなことはないのが現実。

よほどの超一流店やセレブ御用達の店でない限りは、普通の服装でOKです。ただし、念のためにダメージのデニムや露出の多いハーフパンツやミニスカートは避けたほうが良いですね。 

・ドレスコードのあるお店でも露出はOK

本当に少ないのですが、ドレスコードのあるお店もあることはあります。こういうお店では、とうぜん、ある程度フォーマルな装いが要求されるのですが、それでも日本との違いはあります。

それは、ドレッシーな装いであれば、ある程度の露出はOKだということ。もちろん、ボトムスはだめですが、トップスに関しては大胆に胸元のあいた服や背中がしっかりと見えているようなものでもOK

日本じゃなかなか見ることのできない、結構セクシーな装いの人を見てびっくりすることもしばしばです。ドレスコードのある場合でも、自由なのがイタリアンファッションなんですね。

・服装に気を使わないのが今のイタリアンファッション

つまり、今のイタリアンファッションは食事に行く際の服装を過度に気にしないのが主流。それこそ、リストランテの従業員の方が普通にデニムをはいていることも。

ですので、旅行で訪れる際などは、あんまり服装に気を使わないほうがいいかもしれませんね。肩の力を抜いてリラックスして食事を楽しむ、それが今のイタリアンファッションです。 

日本のイタリアンレストランはちょっとちがう

イタリアン食事のルール/イタリアンファッション

一方、日本のイタリアンレストランだと、これはちょっと違ってきます。基本的には、高級店に関して言えば、フレンチもイタリアンも同じなのが日本の特徴。特に、しっかりとドレスコードのあるお店では装いに気をつけたいですね。

・ドレスコードのあるお店ではしっかりとフォーマルが鉄則

日本には、ドレスコードのあるイタリアンが普通に存在します。そういったお店で食事をする場合は、しっかりとフォーマルな装いにすることが求められますので注意してください。

では、どんな服装だとOKなのか、ですが、これはもうお店によるとしか言えないです。ただし、どこのお店でも露出の多いものは基本的にだめです。また、過度にドレッシーなのもあまり良くないですね。

・ドレスコードのあるお店でのファッションの基本。

ドレスコードのあるお店に着ていく装いで、一番無難なのはワンピース。基本は、落ち着いてシックなもの、品の良いもの、露出の少ないもの、華美でないものであれば問題ありません。

お店によっては、ジャケットがあればOKなんてところもありますしね。もちろん、ほとんどのお店ではパンツスタイルでもOK

でも、基本はお店にきちんと問い合わせるか、お店の情報をしっかりと収集してそのお店に合わせましょう。ドレスコードは、お店独自の決まりなのですから。

・それ以外のお店なら過度にラフでなければOK

イタリアだと、時々ハーフパンツにサンダル履きの人をリストランテで見かけることがあります。ちょっとびっくりしますけど、実際にいるんですよね。でも、日本だと流石にそれはNG

ドレスコードがないということは、どんな服装でもいいということなんですが、やはり日本ではそれなりにきちんとした装いが必要です。

基準としては、知人のお家にお呼ばれしていくときのスタイル、という感じでしょうか。ダメージ系や露出多めの服でなければOKです。 

食事しやすい服装というのも忘れずに

イタリアン食事の服装/イタリアンファッション

最後に最も重要なポイントは、食事しやすい服を来ていく、ということ。ドレスコードやファッションに気を取られて、食事するときに邪魔なフリルや装飾がついているものはNG

あくまで、食事を楽しむというのを最優先で考えるのがイタリアンの基本。美食を楽しむ国イタリアのマインドだということを忘れないようにしたいですね。

 

IMPERIAL/インペリアル(イタリアンファッション)